読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEAR.円盤化!素直に喜べないオタクたち

さて!

3/13の記事にDEAR.の円盤化はまだか……まだか………と痺れを切らした文面を吐きましたが。

 

 

ついに、ついに!!!!!!

 

4/26に発売決定しましたね!!!!

 

 

いや〜〜待った。本当に待った。

11/3のオーラスから待ちわびた。ここ最近JUMPのツアーがパッケージ化するのは2月の上旬〜中旬である。

今回は特別かなり遅かった。

 

だからファンはいろいろな憶測を立て考えるのだ。2ヶ月も遅いにはワケがある、と。

 

Twitterを見ていると

「12/31〜1/1の東京ドーム単独が入ってるから遅いんだ。」

「舞台裏があるのでは……!?」

「JUMPがBlu-ray化に手を出している」

など様々だった。

 

だが箱を開けてみれば本編映像+マルチアングル(ソロアングル)といういつもと何も変わらない至って普通の内容であった。

 

 

…………………え!!?!??!?

 

 

こんなに待ったのに単独ねぇのかよ!!!!!!!

舞台裏もねぇのかよ!!!!!!!!

挙句Blu-rayもねぇのかよ!!!!!!!!!!!!!

 

 

失礼、本音が漏れてしまいましたね。

だが9割、いや10割のファンが同意見であると思います。

その上、おたくの大好物そうな歌詞と演出が詰まった「From.」という名曲もなし。

 

このあんまりな収録内容にTwitterではもはや大喜利のようなツイートばかり。

 

わかります。全くの同意見です。全てのツイートに1億いいねを差し上げたくなるほどです。

 

確かに発売発表前まではこのあまりの遅さに、「特典なんていい……出るだけでいいんだ……」など言った記憶がありますがそんなのは5光年前の話。

 

毎日のように " DEAR. 円盤 " で検索をかけみんなのこれが入ってたら嬉しい、マルチアングルにはこの曲が欲しい、といった願いを眺めながらわたしも心の中でひっそりと期待していました。

 

もし自分が期待していたものより収録内容に納得いかなかった時に悲しくなるからあえて口には出さずにDEAR.の円盤化のお知らせに心弾ませながらじっと待っていました。

 

そんなわたしが口に出して願ったものはただひとつ。当たり前にあると思って疑わなかったもの。そう。

 

東京ドーム年末年始単独公演……

 

JUMPは過去にも京セラドームで年末年始に単独公演を行なっていますがそれも映像化はしていません。

 

京セラのときも今回の東京ドームも間違いなく全公演収録用のカメラが入っているとのアナウンスがありました。

 

おたくの思想的に、カメラ入る→映像化っていう考えに至るのは仕方のないことでそれがもしも映像化用のカメラでないのなら「雑誌用」とか「メディア用」とか説明しろや!!!!!!という所であります。

 

年明けのWSやドル誌にその様子が映っていることから、カメラが入っていることに嘘・偽りは100%なのにおたくサイドが映像用だと勘違いして勝手に舞い上がり裏切られたと騒ぎ立てる。

冷静に考えると非はこちらにあることに間違いないのだがその事実に気づかず納得しないのは悪いところだと思っています。

 

ですが納得のいかないものは納得いかないのです。

 

こんなにJストさんへ不満とも取れる文をつらつらと書きましたが、どうせ発売されて手元にくれば鼻息荒くフィルムを剥がし震える手でディスクをセットしてペンライトを片手に喉がちぎれるまで叫び狂うのです。

 

おたくって可愛いでしょう?

 

だから、発売日までしばしの間、大喜利のような不満を受け止めてください(^^)